行方不明の相続人がいる場合 | 相続相談弁護士サポート(スマホ)

行方不明の相続人がいる場合の相続手続きは

遺産分割協議による相続を行うには,相続人全員の合意が必要です。したがって,相続人のなかに行方不明の者がいる場合には,遺産分割協議を行うことができなくなってしまいます。

このような場合の対応としては,大きく分けて2つの方法があります。

(1) まず,一つ目は,家庭裁判所に対し不在者財産管理人の選任を申立てるという方法です。
この場合,家庭裁判所に選任された不在者財産管理人が,行方不明者に代わって遺産分割協議に参加することで,遺産分割を行うことになります。

(2) もう一つの方法,失踪宣告を申し立てるという方法です。
失踪宣告が認められると,申し立てられた者は死亡したものとみなされ,遺産分割協議が行われることになります。

どちらの制度も,申立てをするには一定の要件があります。どちらの制度が適切であるかについては,ケースにもよりますので,弁護士にご相談ください。

 

予約専用受付

0280-21-1551

相談受付時間 平日 9:00~21:00 土日祝日 9:00~21:00

ご予約で夜間も相談対応いたします。

離婚相談弁護士サポート 交通事故相談弁護士サポート 債務整理・自己破産相談弁護士サポート 刑事事件相談弁護士サポート 弁護士法人古河法律事務所
茨城県古河市中央町一丁目10番30号
TEL: 0280-21-1551