遺言書を作った後で内容を変えることはできますか?

遺言者本人は,いつでも内容を変えることができます。

遺言は,いつでも,遺言の方式に従って,その遺言の全部又は一部を撤回することができるとされています。そのため,遺言の撤回は,民法で定められた遺言の方式で行われなければ,法律上,撤回したとは認められません。

また,一定の行為があった場合には,法律上,当然に遺言書を撤回したものとみなされます。

遺言書が作成された後に,新たに遺言書が作成されたもの,前の遺言と後の遺言の内容が矛盾するような場合には,矛盾した内容の部分については,後の遺言が優先されることになります。

同様に,遺言書を作成した後に,遺言者が遺言の内容と矛盾する行為をした場合には,矛盾する遺言の内容の部分は,撤回されたものとみなされます。たとえば,遺言書に「土地をAさんに与える」と記載されていたけれど,その後に遺言者が同じ土地をBさんに売却した場合には,「土地をAさんに与える」という遺言の内容は撤回されたものとみなされることになります。

参考文献
遺言実務入門(三協法規出版)
実務解説相続・遺言の手引き(日本加除出版)

 

予約専用受付

0280-21-1551(相談受付時間 平日平日9:00~21:00・土日祝日9:00~21:00)

ご予約で夜間も相談対応いたします。

フォームからのご予約

相続のことでお悩みの方。5人の頼れる身近な弁護士が、サポートします。お気軽にご相談ください。

相談受付

予約専用受付:0280-21-1551(相談受付時間 平日9:00~21:00・土日祝日9:00~21:00)

ご予約で夜間も相談対応いたします。

フォームからのご予約

当事務所までの交通図詳細

古河駅より徒歩7分

車でお越しの場合

  • 小山市中心部より車で33分
  • 加須市中心部(加須市役所)より車で26分
  • 境町中心部(境町役場)より車で34分

その他周辺地域からのアクセスはこちら

このページの先頭に戻る