相続権のない人に相続をさせる場合ためには | 相続相談弁護士サポート

相続権のない人に遺産相続をさせるためには

相続人とは,相続が開始されることによって相続財産を承継する者をいいますが,民法は,この相続人の範囲について一定のルールを決めています。そして,このルールに合致しない者(たとえば,内縁の妻)は,相続人となることはできず,被相続人の遺産を相続できないのが原則です。

しかし,このようなルールは,あくまで遺言が存在しない場合に適用されるものです。そのため,たとえば,被相続人が,生前,内縁の妻に遺贈するという遺言を残しておけば,残された内縁の妻は,被相続人の財産を取得することができます。もっとも,遺留分に抵触する範囲では,遺留分権利者から遺留分を主張される場合もあります。

予約専用受付

0280-21-1551(相談受付時間 平日平日9:00~21:00・土日祝日9:00~21:00)

ご予約で夜間も相談対応いたします。

フォームからのご予約

相続のことでお悩みの方。5人の頼れる身近な弁護士が、サポートします。お気軽にご相談ください。

このページの先頭に戻る